ガーデニング〜楽しいダイアンサスの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくダイアンサスを育てよう!

TOP花の育て方>ダイアンサスの育て方

ガーデニングを楽しむダイアンサスの育て方


ガーデニングを楽しむダイアンサスの育て方 科名 ナデシコ科

別名 

分類 一年草・宿根草

原産 ヨーロッパ・日本・中国・北米

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




ダイアンサスとは「神の花」という意味で、ヨーロッパやアジアを中心に300種以上の原種があります。

代表的なダイアンサスには、ヨーロッパ産の花の下に長いヒゲのような総苞を持ちよい香りのする花を咲かせる「ヒゲナデシコ」や、中国産で日本でも古くから栽培が盛んに行われている「セキチク」があります。

ダイアンサスは初夏の花壇をカラフルな配色で彩って楽しんだり、コンテナに寄せ植えにしても楽しめます。
また、アプローチ沿などに自然な感じで寄せ植えにして来客を楽しませることができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ゼラニウム購入時のポイント
品種によって販売時期は異なりますが、セキチクやビジョナデシコなどは晩秋から初夏にかけてポット苗が販売され、タツナデシコなどは鉢花が初夏に販売されます。
選ぶポイントは、株がしっかりしていて葉が黄ばんでいないものを選びます。


ダイアンサスの種まき
ダイアンサスの種まきはピート板にばらまきにし、芽が出てきて込み合いだしたら生育のよい苗を残して間引いていきます。
本葉が2〜3枚になったら15cm間隔で育苗箱に植えていきます。


ダイアンサスの定植
定植のタイミングは、本葉が5〜6枚になったときで、庭に植える場合は20p間隔で植えていきますが、高性種のダイアンサスは30p間隔で植えていきます。
鉢植えに定植する場合は、5号鉢に培養土に緩効性化成肥料を加えた用土を使い1〜3株植えていきます。鉢植えは草丈が80cmまでの品種に向いています。

日当たりがよく風通しのよい場所ですが、暑くなりすぎないように注意します。

肥料は成長に合わせて、薄めた液肥を月1〜3回程度与えます。肥料を与え過ぎると病気なることがあるので注意してください。

水やりは土が乾いてからたっぷり与えますが、ダイアンサスは加湿が苦手なのでやりすぎに注意します。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
ダイアンサス
ダリア
チューリップ
ディモルフォセカ
デージー
デルフォニウム
トレニア
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved