ガーデニング〜楽しいニチニチソウの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくニチニチソウを育てよう!

TOP花の育て方>ニチニチソウの育て方

ガーデニングを楽しむニチニチソウの育て方


ガーデニングを楽しむニチニチソウの育て方 科名 キョウチクトウ科

別名 ビンカ・ニチニチカ

分類 一年草

原産 ジャワ島・マダガスカル島

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




ニチニチソウの花ひとつの開花期間は2日程度ですが、次から次と花が咲き続けるので「日々草」と呼ばれています。
真夏の暑さと乾燥にも強く開花期間も長いので、夏には欠かせない花のひとつです。

白や淡いピンクは夏の花壇を涼しい雰囲気を作り出してくれます。また、コンテナガーデンのアクセントカラーに使う楽しみ方もあります。
鉢植えにする場合は、草丈の低い矮性種がおすすめです。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ニチニチソウ購入時のポイント
花やつぼみの付いたポット苗が春から夏にかけて販売されます。
選ぶポイントは、株元がしっかりしていて花やつぼみがたくさんついたものを選びます。


ニチニチソウの種まき
ニチニチソウのの発芽適温は20〜25℃なので4〜5月に種まきをします。
植え替えを嫌うので草花培養土を使い3号ポットに3〜4粒を目安にまいていきます。
発芽したら間引きしながら元気のよい苗を1本残します。


ニチニチソウの定植
本葉が10〜12枚になってポットいっぱいに株が育ったら定植します。
鉢に定植する場合は、5号鉢に培養土に緩効性化成肥料を混ぜた土を使い植え替えていきます。
プランターやコンテナに定植する場合は、15〜20p間隔で植え付けていきます。


肥料は元肥のほかに、花が咲いている期間中は化成肥料や液肥を月1回の目安で与えます。

水やりは土が乾いたらたっぷり与え、真夏には1日2回朝と夕方にたっぷり与えます。

花の数を増やしたい場合は、新芽が7〜8cmの伸びたら摘み取りわき芽を増やすことです。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
ナスタチウム
ニゲラ
ニチニチソウ
ネモフィラ
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved