ガーデニング〜楽しいミムラスの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくミムラスを育てよう!

TOP花の育て方>ミムラスの育て方

ガーデニングを楽しむミムラスの育て方


ガーデニングを楽しむミムラスの育て方 科名 ゴマノハグサ科

別名 モンキーフラワー・ミゾホオズキ

分類 一年草

原産 北アメリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




ミムラスは北アメリカの原種を品種改良され園芸品種が多く、世界中には150種の原種が分布しています。
日本にもミゾホオズキとオオバミゾホオズキの2種が自生しています。

花色が豊富なのでコンテナガーデンの寄せ植えのメインで楽しんだり、鮮やかな赤色のミムラスをコンテナを使いアクセントカラーとして楽しみます。
また、単種で複数植えても楽しめます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ミムラス購入時のポイント
花やつぼみのついたポット苗が早春から春にかけて、鉢花は春から初夏にかけて販売されます。
選ぶポイントは、わき芽が多く間伸びしていなく株元がしっかりしたものを選びます。


ミムラスの種まき
ミムラスの種まきはピート板か3号ポットにばらまき、元気の良い苗だけを残して間引いて、根が十分に張るまで育てます。


ミムラスの定植
根が十分に張ったら定植を行います。
庭植えの場合は、堆肥と緩効性化成肥料を混ぜた用土に40cm間隔で植えていきます。
鉢植えの場合は、5号鉢に1株を目安に培養土と緩効性化成肥料を加えた用土を使い植えていきます。

日当たりの良い場所でもよく育ちますが、半日陰でやや湿り気のある場所が適しています。
寒さにはやや弱いので、冬はベランダや室内で管理します。

肥料は定植後の生育が悪い場合には薄めた液肥を月2〜3回与え、花が咲いたら10日に1回液肥を与えます。

水はけと水もちの良い土壌を好みますので、乾燥し過ぎないように土が乾いたらたっぷり水やりをします。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
マーガレット
マリーゴールド
ミムラス
ミヤコワスレ
ムスカリ
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved