ガーデニング〜楽しいムスカリの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくムスカリを育てよう!

TOP花の育て方>ムスカリの育て方

ガーデニングを楽しむムスカリの育て方


ガーデニングを楽しむムスカリの育て方 科名 ユリ科

別名 グレープヒヤシンス

分類 球根植物

原産 地中海沿岸・西南アジア

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
掘り上げ




ムスカリには30種ほどの原種があり、一般的に原種の十数種類と品種改良されたムスカリが栽培されています。
その中でも、ブドウの房のような紫色の小さな花をたくさん付けたアルメニアカムがよく栽培されています。
そのほかにも白や薄紫の花色もあり、どの品種も草丈が20cm程度の小さな株立ちで鉢植えや寄せ植えとして人気があります。

群植して紫の絨毯のように楽しんだり、矮性種のチューリップとの相性が良いので鉢の寄せ植えがおすすめです。

ムスカリは栽培が簡単なのと、庭植えの場合は2〜3年植えたままでも大丈夫なのでヨーロッパでは人気の花壇材料になっています。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ムスカリ購入時のポイント
ムスカリは8月中旬から下旬に球根が販売されますので、品種をよく確認して選びます。
選ぶポイントは、形が整ってしまりがありキズや変形していないものを選びます。


ムスカリの植え付け
庭植えの場合は、苦土石灰で中和し堆肥と緩効性化成肥料を混ぜた土壌にし、球根の2倍の深さで10cm間隔で植えていきます。
鉢植えの場合は、下に軽石などを置いて水はけをよくし培養土に緩効性化成肥料を加えた土を使い、5号鉢に5〜8個植え付けていきます。
また、チューリプやスイセンと一緒に植え付けたり、パンジーやデージーと寄せ植えにするのもおすすめです。

日当たりの良い場所を好みますが、庭植えの場合、夏には日陰になるような場所に植え付けます。

肥料は植え付け時の元肥と、花が終わったあとに緩効性化成肥料を与えるだけで特に必要ありません。

土が乾いたら十分に水を与え、冬と春先は乾燥しない程度に水やりをします。


ムスカリの掘り上げ
2〜3年に1回株が大きくなったら6月に行います。
花が咲き終わった後に花穂を切り、葉が黄色く変色したら掘り上げし陰干しします。

鉢植えの場合は株が弱るので庭に植え替えします。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
マーガレット
マリーゴールド
ミムラス
ミヤコワスレ
ムスカリ
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved