ガーデニング〜楽しいアゲラタムの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくアゲラタムを育てよう!

TOP花の育て方>アゲラタムの育て方

ガーデニングを楽しむアゲラタムの育て方


ガーデニングを楽しむアゲラタムの育て方 科名 キク科

別名 カッコウアザミ

分類 一年草

原産 メキシコ・ペルー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えかえ
種まき




アゲラタムは淡い紫色の花をつける多年草で、気温が15℃以上年間を通して花が咲きますが、寒さに弱いので一年草として扱われています。
別名カッコウアザミとして知られていますが、アザミという名前がついていてもアザミとは違う種類になります。

30〜50個のアザミのような花が咲き、他の花とも相性が良いので花壇に群植したり、コンテナで楽しむことができます。
花の色や草丈の違う品種があるので、全体のバランスを考えたり好みに合わせて楽しむこともできます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




アゲラタム購入時のポイント
春から初夏にかけて花の色別にポット苗で販売されているのがほとんどなので、品種にこだわるのであれば種を購入します。
苗を選ぶポイントは、よく枝分かれして葉数が多く株がしっかりしてぐらつきのないもの選びます。
花の咲いた苗を選ぶ場合は、反対に葉が茂り過ぎていないものを選びます。

ナチュラルガーデンの寄せ植えや、濃い物色のアゲラタムを花壇のアクセントとして植えると素敵な庭になります。


アゲラタムの定植
定植は本葉が5〜6枚になったら植えかえます。庭の花壇などに植えかえる場合は株の間を15〜20p開け、鉢に植えかえる場合は5号鉢に1株とします。

アゲラタムは暑さには強いのですが、寒さには弱いので日当たりがよく水はけのよい場所に植えます。また、環境が良ければ土質は選びません。
日光が足りないと花色があせることもあるので注意してください。

肥料は少なめで十分なので、花が咲いている期間に1ヶ月に1回液肥を与えます。肥料を与え過ぎると花つきが悪くなります。
水は土の表面が乾燥したら十分に与えますが、夏場は水のやり過ぎに注意してください。


アゲラタの殖やし方
アゲラタの殖やし方は種と挿し芽で増やすことができますが、種から殖やすのが簡単な方法です。
種で増やす方法は、ピートに板に種が重ならないようにばら撒きます。芽が出たら新しいピート板に仮植し、葉が5〜6枚になったら定植します。
挿し芽の場合は、5〜6月に芽を5〜6p切ってから赤玉土に挿します。



日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
アガパンサス
アキレア
アゲラタム
アサガオ
アスター
アスチルベ
アネモネ
アマリリス
インパチェンス
エボルブルス
オダマキ
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved