ガーデニング〜楽しいアスチルベの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくアスチルベを育てよう!

TOP花の育て方>アスチルベの育て方

ガーデニングを楽しむアスチルベの育て方


ガーデニングを楽しむアスチルベの育て方 科名 ユキノシタ科

別名 アワモリソウ

分類 宿根草

原産 日本・中央アジア・北米東部

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えかえ
株分け




アスチルベは、日本や中央アジア、北米に12種の原種がありすが、多くのアスチルベは日本や中国原産の園芸品種が栽培されています。
その中でも園芸用として多く栽培されているのが、日本原産の「アワモリショウマ」と中国原産の「シネンシス種」のアケボノショウマ系と、中国原産の「ダビディ」と他種と品種改良したドイツ生まれのアレンジー系です。

アスチルベは、赤や白、紅紫、桃色の泡のような花をつけるのでボーダーガーデンの中列やナチュラルガーデンのなど可憐に演出する楽しみがあります。
また、開花期間が短いので開花時期に違う品種を組み合わせて、様々な顔を見せるガーデニングも楽しめます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




アスチルベ購入時のポイント
アスチルベには、花色や草丈の違うたくさんの品種が、春から初夏にかけてポット苗や鉢花が販売されています。
葉や茎が丈夫で芽が太くてしっかりしているものを選ぶのがポイントです。また、花つきがよく枝分かれも多く株のしまりが良いものを選びます。


アスチルベの定植
定植は3月あるいは10月に行い、鉢植えの場合は5号鉢に1株を目安にし、庭植えや花壇の場合は株と株の間隔を30p位開け大きめの穴を掘って植えます。
日当たりが良い場所でもいいのですが、真夏の直射日光には弱いので庭植えの場合は木陰や建物も陰になるところに植えるようにします。

肥料は鉢植えの場合、500〜1000倍薄めた液肥を生育期に月1〜2回与え、庭や花壇の場合は早春と花が咲き終わった後に緩効性化成肥料を与えます。

水やりは土の表面が乾いたら与えますが、庭植えの場合は株元に乾燥防止のワラを敷いていれば基本的に水やりの必要はありません。


アスチルベの殖やし方
株分けする苗は2〜3年栽培したものを使い、1株に3〜4芽つけて切り分けます。
種から育てることも可能ですが、初心者には難しい花です。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
アガパンサス
アキレア
アゲラタム
アサガオ
アスター
アスチルベ
アネモネ
アマリリス
インパチェンス
エボルブルス
オダマキ
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved