ガーデニング〜楽しいアスターの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくアスターを育てよう!

TOP花の育て方>アスターの育て方

ガーデニングを楽しむアスターの育て方


ガーデニングを楽しむアスターの育て方 科名 キク科

別名 エゾギク・チョウセンギク

分類 一年草

原産 中国

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えかえ
種まき




アスターは中国から朝鮮半島北部にかけて分布している一年草で、花が星のように放射状に咲くのでギリシア語で「星形」という意味をもっています。

キク科カリステフス属のアスターの園芸品種には百種以上あり、花径は3〜15cm、草丈も30p以下から80cm以上、花の色も白、ピンク、赤、紫などバリエーションが豊富なので楽しめる花です。

一重咲きには「マーガレット」「ハナスカーレット」、ポンポン咲きには「有明」「彗星」「ちくまポンポン」、菊咲きには「紫くれない」、八重咲きには「ミラディーピンク」「青空」、万重咲きには「新緋玉」などがあります。

色々な組み合わせでオリエンタルな寄せ植えを楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




アスター購入時のポイント
初夏に花やつぼみがついたポット苗や鉢花が販売されます。しかし、販売期間は短くなっています。苗は節間のつまったものを選ぶようにします。


アスターの種まき
アスターの種まきをポットで行う場合は、赤玉土7に腐葉土1の割合の土か、市販の草花培養土に2粒づつまき本葉が1〜2枚になったら元気のよい苗だけをポットに植え替えます。
育苗箱であれば、本葉が1〜2枚になったら2〜3cm間隔で植え替えていきます。


アスターの定植
定植する場合は、本葉が5〜6枚になったらプランターに15cm間隔で植えていき、鉢に植えかえる場合は、4.5〜5号鉢に赤玉土(小)6、腐葉土3、バーミキュライト1の割合の土か、草花用培養土1リットルに3〜5gの緩効性化成肥料を混ぜた培養土を使い日当たりがよく風通しの良い場所にします。

肥料は、定植後に月1〜2回緩効性の化学肥料を与えます。しかし、窒素分が多いと花つきが悪くなるので注意してください。
水やりは土が乾いたら十分に与えてください。


アスターの殖やし方
アスターの殖やし方は大きなった株の古根を切って5号鉢に植えかえたり、茎を5〜8cmに切って下葉を取り除き赤玉土に挿して殖やす方法があります。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
アガパンサス
アキレア
アゲラタム
アサガオ
アスター
アスチルベ
アネモネ
アマリリス
インパチェンス
エボルブルス
オダマキ
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved