ガーデニング〜楽しいガーベラの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくガーベラを育てよう!

TOP花の育て方>ガーベラの育て方

ガーデニングを楽しむガーベラの育て方


ガーデニングを楽しむガーベラの育て方 科名 キク科

別名 オオセンボンヤリ・ハナグルマ

分類 多年草

原産 南アフリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
株分け




ガーベラは花の色のバリエーションが豊富で、赤やピンク、白、オレンジ、黄色とあり、一重咲きや二重咲き、八重咲き、T字咲きなど花形にもたくさんの品種があり人気を集めています。
ガーベラを大きく分けると、切り花用の高性能と花壇や鉢物用の矮性種があります。
現在市場に出回っているガーベラのほとんどがオランダ産の品種になっています。

最近では、矮性種のポット・ガーベラが大輪の花を多く咲かせるの人気が高まっています。また、多花性のコンパクトタイプにも人気が集まっています。

矮性タイプのガーベラを横長コンテナにかわいらしく植えたり、花壇などには間隔をあけて効果的にガーベラの美しさを見せる楽しみがあります。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ガーベラ購入時のポイント
ガーベラの購入ポイント
春から初夏に鉢花や、花とつぼみのついたポット苗が販売されています。
株に張りがありグラグラしてないものを選び、寄せ植えの場合は、出来上がりを想像して花の色や形を確認して購入します。また、花壇に植える場合は葉の緑が濃く大きいものを選ぶようにします。


ガーベラの株分け
ガーベラの株分けは新芽が出る2〜3月か、気温が15℃以上ある秋に行います。
まず掘り起こしたガーベラの株についている土や、枯れた葉や茂りすぎた葉を根元から取り除き日光が十分に株元に当たるようにします。

1株を2〜3芽に分け、5号鉢に草花用培養土1リットル当たり5〜10gの緩効性化成肥料を混ぜた培養土、または、赤玉土(小)6、腐葉土3、バーミキュライト1の割合の土に植えます。


ガーベラを育てる環境
ガーベラは暑さと寒さに弱いので、日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。日光不足になると花が咲かないことがあるので注意してください。また、冬は霜が降りない場所を選びます。

肥料は購入してから1ヶ月後に与えるようにし、春と秋の育成期には週に1回、夏と冬は月に1回液肥を与えるようにします。

ガーベラは加湿の用土は苦手なので、土の表面が乾いているのを確認して花や葉に水がかからないように根元にたっぷり与えます。鉢植えの場合は、下皿に水を注ぎ吸収させるように与えます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
カンパニュラ
ガザニア
カスミソウ
カーネション
ガーベラ
カラー
カルセオラリア
カンナ
キク(洋ギク)
キンギョソウ
キンセンカ
グラジオラス
クリサンセマム
クレマチス
ケイトウ
コスモス
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved