ガーデニング〜楽しいキク 洋ギク 菊の花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくキク 洋ギク 菊を育てよう!

TOP花の育て方>キク(洋ギク)の育て方

ガーデニングを楽しむキク(洋ギク)の育て方


ガーデニングを楽しむキク(洋ギク)の育て方 科名 イエギク科

別名 ポットマム・スプレーギク

分類 宿根草

原産 中国

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えかえ
挿し芽




キクは日本を代表する秋の花で、菊花展や菊人形など身近な花として親しまれています。
原産は中国で、奈良時代に伝わり江戸時代になるとブームが起こり、現在のように様々な花の色や形など多くの品種が作り出されました。

キクは欧米にも渡り、ポットマムやガーデンマムなどの洋ギクの品種改良が行われました。

ここではガーデニングと楽しめる栽培も簡単な洋ギクの紹介をしていきます。
洋ギクは学名の「クリサンセマム」の「マム」がついた名前で呼ばれています。

洋ギクは花壇に群植したり、ポットマムやヨダーマムをコンテナで寄せ植えにするなど楽しみ方もたくさんあります。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




キク(洋ギク)購入時のポイント
洋ギクはの仲間は、ほぼ年間を通して販売されています。特殊な品種の場合は、専門の園芸店や愛好者にを通じて探すことができます。
選ぶポイントは、株がしまっていて花の数が多いものを基準にします。また、満開よりもつぼみが多いものが長く楽しむことができます。
そのほか、葉が黄ばんでいたり虫に食べられていないものを選びます。


洋ギクの育て方
洋ギクは寒さにも暑さにも強い花なので、日当たりがよく風通しの良い場所せで育てます。ただし、夏の直射日光は避けるようにします。

肥料は、育成に合わせて1000倍に薄めた液肥を20日に1回を目安に与えます。また、緩効性化成肥料をこまめに与えたり置き肥として与えます。

水やりは土が乾いたら根元にたっぷり与えます。

花つきを良くするには、新芽の先端を切ってわき芽を伸ばします。外芽を伸ばすことで全体が丸くなって見栄えが良くなります。


洋ギクの植え替え
ポットから鉢に植え替える場合は、赤玉土(小)3、腐葉土1、バーミキュライト1の土か、草花用培養土1リットルに3g程度の緩効性化成肥料を混ぜた一回り大きな鉢に植え替えます。


洋ギクの挿し芽
節間が詰まって葉が7〜8枚付いた芽の先を切り取り、水に1時間程度浸し水揚げをします。その後に赤玉土かバーミキュライトに割り箸などを使って穴を開け挿していきます。
水をたっぷり与え日陰で生育させ、発根したら鉢に植え替えます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
カンパニュラ
ガザニア
カスミソウ
カーネション
ガーベラ
カラー
カルセオラリア
カンナ
キク(洋ギク)
キンギョソウ
キンセンカ
グラジオラス
クリサンセマム
クレマチス
ケイトウ
コスモス
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved