ガーデニング〜楽しいハナビシソウの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくハナビシソウを育てよう!

TOP花の育て方>ハナビシソウの育て方

ガーデニングを楽しむハナビシソウの育て方


ガーデニングを楽しむハナビシソウの育て方 科名 ケシ科

別名 カリフォルニアポピー・エスコルチア

分類 一年草

原産 アメリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




ハナビシソウは、カリフォルニア州からオレゴン州の原野に自生するケシの一種で、原産地では春にオレンジ色が一面に広がるほどの大群落を作ります。

ハナビシソウで一般的な品種は、一重咲きでオレンジ色のオーランティアカですが、そのほかにも花色が豊富で八重咲きのバレリーナ、矮性種で草丈が20p程度のミニチュアサンデュなどが人気があります。

花壇に植えるよりもナチュラルガーデンとして楽しむのが無難です。また、寄せ植えする場合はマーガレットやアリッサムとの相性がよいのでおすすめです。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ハナビシソウ購入時のポイント
ポット苗が早春に販売されますが、葉と茎のバランスがよくしっかりした苗を選ぶようにします。また、ハナビシソウはこぼれ種でも殖えていくので種から育てるといいでしょう。


ハナビシソウの種まき
ハナビシソウは植え替えを嫌うので、庭に植える場合は培養土を使いポットに種まきし、
本葉が4〜5枚になるまで間引きをしながら元気のよい苗を残していきます。
鉢植えの場合は、培養土に緩効性化成肥料を混ぜたものを使い点まきします。鉢植えもポットと同じように間引きをして5号鉢に1株を目安にします。


ハナビシソウの定植
庭に植える場合の土は、苦土石灰で中和しておき堆肥と緩効性化成肥料を加えた土壌に定植します。
ポット苗から定植する場合は、土はそのままで根を傷つけないように気を付けます。
また、多湿に弱いので日当たりがよく水はけのよい場所で育てます。


肥料はあまり必要ありませんが、窒素分の多い肥料は花つきが悪くなり葉ばかりが繁るようになるので注意してください。


水は土が乾いてから与えますが、ハナビシソウは多湿に弱いのでやり過ぎないようにします。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
ハナスベリヒユ
ハナビシソウ
バラ
パンジー・ビオラ
ヒマワリ
フクシア
フリージア
プリムラ
ブルーデージー
フロックス
ベゴニア
ペチュニア
ポピー
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved