ガーデニング〜楽しいヒマワリの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくヒマワリを育てよう!

TOP花の育て方>ヒマワリの育て方

ガーデニングを楽しむヒマワリの育て方


ガーデニングを楽しむヒマワリの育て方 科名 キク科

別名 サンフラワー・ヒグルマ・ニチリンソウ

分類 一年草

原産 北アメリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




夏の花といえばヒマワリといえるくらいポピュラーな花で、北アメリカ原産の一年草から作り出された園芸品種です。

ヒマワリにもたくさんの品種があり、草丈が2〜3mになる高性種のロシアヒマワリや花粉のでないサンリッチシリーズ、葉が銀色の大雪山、一輪咲きで花径が10cm、草丈が20〜30cmの極矮性種のビッグスマイル、そのほかサンスポットやインクレディブルなどの矮性種があります。

夏の花壇には欠かせないヒマワリなので、花壇やコンテナに矮性種を寄せ植えにしたり、日当たりのよい庭の周囲に列植えしたり、花色の違う品種を一緒に植えて楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ヒマワリ購入時のポイント
初夏にポット苗や鉢花が販売されますが、品種のこだわっている場合は種から育てます。
選ぶポイントは、茎が太く株元がしっかりしていて葉色が濃いものを選びます。また、種を購入する場合は室内の高い場所に置いてある種を選びます。


ヒマワリの種まき
鉢植えする場合は、培養土に緩効性化成肥料を加えた土を5号鉢に入れ、2〜3粒を目安に種を指で1cm程度押し込み土をかぶせます。
芽が出たら間引きしながら元気の良い苗を1本にしていきます。


ヒマワリの定植
つぼみが付いたら6〜7号鉢に1株を目安に、培養土と緩効性化成肥料を混ぜた土をいれ根鉢を崩さないように植え替えていきます。
庭やプランターに植える場合は、株間を20〜30cm開けつぼみの方向を合わせて日当たりの良い場所に植えていきます。

肥料は本葉が出たときに緩効性化成肥料を置き肥しするくらいでほとんど必要ありません。葉色が悪くなったら薄めた液肥を与えます。

土が乾いたら水やりをしますが、真夏は朝夕2回与えるようにしてください。


ヒマワリの採種
花が咲き終わって頭が下向きになり中心部が盛り上がってきたら、茎ごと切り取り風通しの良い場所で乾燥させます。

種が茶色くなり十分に乾燥したら種子を取ります。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
ハナスベリヒユ
ハナビシソウ
バラ
パンジー・ビオラ
ヒマワリ
フクシア
フリージア
プリムラ
ブルーデージー
フロックス
ベゴニア
ペチュニア
ポピー
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved