ガーデニング〜楽しいペチュニアの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくペチュニアを育てよう!

TOP花の育て方>ペチュニアの育て方

ガーデニングを楽しむペチュニアの育て方


ガーデニングを楽しむペチュニアの育て方 科名 ナス科

別名 ツクバネアサガオ

分類 一年草・宿根草

原産 アルゼンチン

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
種まき




ペチュニアの原種は約40種ほどが南アメリカ南部に分布しており、和名「ツクバネアサガオ」になっているように朝顔に似た花を咲かせます。
花色が豊富で赤やピンク、白、紫、黄色など花壇や鉢植えに多く利用されています。
特に株を覆いつくように咲くサフィニアが人気があります。

ペチュニアはボリュームがあるのでスタンド置きのコンテナで演出したり、豊富な花色を利用して白と紫の花を組み合わせて涼しげな配色を楽しんだりできます。
また、半ツル性なのでハンキングバスケットやウインドウボックスなどで楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ペチュニア購入時のポイント
ポット苗や鉢花が春から初夏にかけて販売されますが、真冬を除いてほぼ1年中販売されています。
選ぶポイントは、葉色が濃く黄ばんでいないもので、株にしまりがあり株元がグラグラしないものを選びます。


ペチュニアの種まき
発芽適温が20〜25℃なので、地域によって種まきのタイミングは違いますが4〜5月に行います。
ピート板に種子をばらまき土はかぶせずに新聞紙で覆い乾燥しないように霧吹きをします。発芽するまでは半日陰で管理し、発芽後は日当たりと風通しの良い場所で管理し、本葉が2〜3枚になったら培養土と緩効性化成肥料を加えた土を使い、ポットあるいは育苗箱に仮植します。


ペチュニアの定植
本葉が5〜6枚になったら定植をします。
庭植えやプランターに定植する場合は、株間を20〜25cm開け植えていき、鉢の場合は5号鉢に1株ずつ植えていきます。
根づくまではたっぷり水を与えます。

花が咲いている期間は化成肥料を月に1回置き肥するか、リン酸分が多い液肥を月2〜3回を目安に与えます。
ただし、サフィニアには窒素分の多い肥料を与えます。

水は土の表面がよく乾いていることを確認して与えますが、加湿は株腐れを起こすので注意してください。


ペチュニア殖やし方
宿根草の場合は挿し芽で殖やすことができます。
花の咲いていない生育の良い若い枝を5〜7cm切って、赤玉土かバーミキュライトに挿します。
発根し新芽が出てきたらポット植え替えます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
ハナスベリヒユ
ハナビシソウ
バラ
パンジー・ビオラ
ヒマワリ
フクシア
フリージア
プリムラ
ブルーデージー
フロックス
ベゴニア
ペチュニア
ポピー
 ま行
 や・ら・わ行
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved