ガーデニング〜楽しいラベンダーの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくラベンダーを育てよう!

TOP花の育て方>ラベンダーの育て方

ガーデニングを楽しむラベンダーの育て方


ガーデニングを楽しむラベンダーの育て方 科名 シソ科

別名 ヒロハラワンデル

分類 常緑小低木

原産 地中海沿岸

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
挿し木




ラベンダーはハーブとしても人気があり、芳香には精神を安定させる効果もあるのでぜひガーデニングにもどんどん取れたい花の一つです。
ラベンダーにもたくさんの品種があり、上質の香油が採取できて寒さに強いイングリッシュラベンダー、花の先に紫色の花ビラのような包葉がつく暑さに強いフレンチラベンダーなどあります。
そのほかにもスパニッシュラベンダーやピナータなどがあります。

主にハーブガーデンで楽しむことができますが、アプローチ沿いや敷地まわりに植木の代わりに植えて楽しむことができます。
コンテナガーデンやコスモスと組み合わせて暖かでさわやかな感じを楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ラベンダー購入時のポイント
鉢花やポット苗が春から初夏にかけて販売されますが、ほぼ周年ハーブ苗として見ることができます。
選ぶポイントは、葉色が濃く茎や株元がしっかりしたものを選びます。また、品種によって暑さや寒さに弱いラベンダーがあるので確認して購入します。


ラベンダーの植え付け
酸性土を嫌うので、庭植えの場合は予め苦土石灰などで酸度を調整し培養土に緩効性化成肥料を混ぜ植えてつけていきます。
鉢植えは5号鉢に1株を目安に、プランターであれば20〜25cm間隔で植え付けていきます。

雨や加湿に弱いので梅雨時期には、雨の当たらない軒下に移動したり、庭植えの場合は土を盛り上げて加湿にならないようにします。

日当たりがよく涼しい乾燥した場所で育てます。

肥料は元肥と春と秋に緩効性化成肥料を月1回置き肥します。
水やりは土が乾燥したら与えますが、加湿は根腐れの原因になるので少し乾燥気味にしながら水やりをします。


ラベンダーの殖やし方
ラベンダーは挿し木で殖やすことができます。まず、春に伸び出したしっかりとした枝を10cm程度切り取ります。
しばらく水あげし、赤玉土かバーミキュライトに挿し、根が十分に伸びてからポットに植え替えます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
ユリオプスデージー
ユリ
ラナンキュラス
ラベンダー
ランタナ
リナリア
ルドベキア
ルピナス
ローズマリー
ロベリア
ワスレナグサ
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved