ガーデニング〜楽しいランタナの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくランタナを育てよう!

TOP花の育て方>ランタナの育て方

ガーデニングを楽しむランタナの育て方


ガーデニングを楽しむランタナの育て方 科名 クマツヅラ科

別名 シチヘンゲ

分類 常緑低木

原産 熱帯アメリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
挿し木




ランタナの花色は、濃いピンクから黄色へ、薄いピンクが黄色へと花色が変化する不思議な花で別名「シチヘンゲ」と呼ばれています。
原種は熱帯アメリカから南アメリカに150種ほどが分布しており、カマラとその園芸品種と、葉が小さく茎が地面を這うように伸びるコバノランタナの2種が一般的に知られているランタナです。

ランタナは寒さに比較的強いので、暖かい地域では庭木として栽培を楽しむことができます。また、グランドカバーとしての楽しみ方もあります。
南国的な雰囲気を楽しむには、コンテナの寄せ植えがおすすめです。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ランタナ購入時のポイント
ポット苗や鉢花が初夏から夏にかけて販売されますが、花色を確認して購入します。
選ぶポイントは、新芽がたくさんついて茎が太く株にこぶがついていないものを選びます。また、成長が速いので株は小さめのを選びます。


ランタナの定植
庭に定植する場合は、日当たりがよく水はけの良い場所を選び20〜30cm間隔で植え付けていきます。
鉢植えの場合は、培養土に緩効性化成肥料を加え土を使い5号鉢に1株づつ植え付けていきます。

肥料は、生育の良い時期に緩効性化成肥料を月1回程度追肥として与えます。

土の表面が乾いたら水やりをしますが、夏場は鉢の底から水が出るくらい与え、冬場は土の表面が完全に乾いたときに与えます。


ランタナの殖やし方
ランタナの殖やし方は、気温が25℃以上になる6〜7月頃に挿し木で殖やします。
新芽を10cm程度切り水あげをして、小粒の赤玉土か川砂に挿します。
約3週間で発根してきますので、赤玉土7、ピートモス3の割合で加えた土を使い3号ポットに植え替え、株が十分に広がってきたら定植します。

春に花が咲いた後に切り戻しをすると、秋にもう一度花を楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
ユリオプスデージー
ユリ
ラナンキュラス
ラベンダー
ランタナ
リナリア
ルドベキア
ルピナス
ローズマリー
ロベリア
ワスレナグサ
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved