ガーデニング〜楽しいラナンキュラスの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくラナンキュラスを育てよう!

TOP花の育て方>ラナンキュラスの育て方

ガーデニングを楽しむラナンキュラスの育て方


ガーデニングを楽しむラナンキュラスの育て方 科名 キンポウゲ科

別名 ハナキンポウゲ

分類 球根植物

原産 ヨーロッパ東部・中近東

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
掘り上げ




ラナンキュラスは、ヨーロッパから中近東にかけて分布していますが、1968年に巨大輪のビクトリア・ストレインという品種が日本で発表されてから人気が出てきました。
花径が15cmにもなる「浜の虹」というビクトリア・ストレインや、草丈が25cmくらいの矮性種ポット・ドワーフなど花色や草姿も様々な種類があり、鉢植えや花、コンテナガーデンで利用されています。

色とりどりのラナンキュラスを花壇に植えたり、大きめのコンテナに群植するとボリュームのある配色が楽しめます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ラナンキュラス購入時のポイント
早春から春にかけて鉢花や花付きポット苗、夏の終わりから秋にかけて球根が販売されます。
選ぶポイントは芽の数が多く、葉色がよく下葉までしっかり付いているものです。球根の場合は張りがあり乾燥しているものを選びます。


ラナンキュラスの植え付け
乾燥している球根は、水分を急激に吸収させると腐りやすくなるので、まず、水をスプレーして湿らせます。次に水を含ませたコットンやティッシュに球根を置いたり、水を入れた器に球根を浸けて吸水させます。


庭植えの場合は、酸性土の土を嫌うので苦土石灰で土壌を中和しておきます。また、腐葉土を2割程度混ぜて水はけをよくします。
植え付けるときの球根の間隔は15cm程度開けます。

鉢植えの場合は、培養土9とバーミキュライト1の割合で混ぜ、緩効性化成肥料を加えたものに植え付けていきます。
5号鉢に3株を目安にし3cmほどかぶせ浅植えにします。

日当たりがよい場所で管理し、冬になったら鉢植えは室内で庭植えは霜よけが必要になります。

肥料は発芽後と開花前に緩効性化成肥料を与え、生育期と開花中は液肥を月2回与えます。

ラナンキュラスは乾燥を好みますので、土が乾いたら花や葉に水がかからないように水を与え多湿にならないように注意します。


ラナンキュラスの掘り上げ
花が終わったら花株を切り取りそのまま葉が黄色くなるまで栽培します。
葉が黄ばんできたら掘り上げ、葉と茎を切り取りきれいに土を落とし風通しの良い場所で陰干しします。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
ユリオプスデージー
ユリ
ラナンキュラス
ラベンダー
ランタナ
リナリア
ルドベキア
ルピナス
ローズマリー
ロベリア
ワスレナグサ
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved