ガーデニング〜楽しいユリの花の育て方

ガーデニングを楽しむ花の育て方!
ガーデニングを楽しむには、花を育てることから始まります。花の開花期間を知っていれば一年中カラフルで華やかなガーデニングを楽しめます。
花を育てたことがない人は、丈夫で簡単に育てられる花から始めるといいでしょう!ガーデニングを楽しむ花の育て方では、開花時期や種まきの方法、肥料など花を育てに気をつけることを掲載していますので参考にしてください。

ガーデニング〜楽しくユリを育てよう!

TOP花の育て方>ユリの育て方

ガーデニングを楽しむユリの育て方


ガーデニングを楽しむユリの育て方 科名 ユリ科

別名 

分類 球根植物

原産 アジア・ヨーロッパ・北アメリカ

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花時期
植えつけ
掘り上げ




ユリは「高原の聖女」という異名をもっていて、北半球の温帯地帯を中心に原種が100種程度分布しています。
ユリはもともと精神病に効果のある薬草として栽培されていましたが、19世紀以降に品種改良がされるようになりました。

日本には15種の原種があり、花弁に黄色いスジが入ったヤマユリやラッパ状に花が咲くテッポウユリなどがあります。これらの原種が品種改良されたオリエンタル・ハイブリッド系やアジアティック・ハイブリッド系などが人気を集めています。

広いスペースの庭にまとめて植えて華やかさを楽しんだり、庭木と寄せ植えにしてナチュラルな雰囲気の庭を楽しむことができます。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料




ユリ購入時のポイント
球根は夏の終わりから秋にかけて、発芽苗と鉢花は初夏から夏にかけて販売されます。
選ぶポイントは、大きくて張りがあり重量感のあるもので硬い球根を選びます。
鉢花は、花つきがよく株元がぐらつかないものを選びます。


ユリの植え付け
ユリは、下根と上根があり球根の下から出る根を下根、球根から伸びた茎から出る根を上根といいます。そのため球根の上下から根が出るので、球根2個分の深さで植えられるように深鉢を使い9〜10月頃に行います。

保水性と水はけのよい培養土に緩効性化成肥料を混ぜて、6号鉢に1〜3球にし、プランターであれば株3個分位ずつ開けて植え付けていきます。
庭植えの場合は、土に緩効性化成肥料を混ぜて深くまで耕やし球根の2〜4倍に深さに植え付けていきます。

日当たりの良く風通しの良い場所ですが、品種によっては半日陰を好むものもあります。

肥料は発芽前か発芽後に緩効性化成肥料を与えたり、花後に液肥を月2回与えます。

水やりは土の表面が乾く前にたっぷり与えます。乾燥に弱いため乾燥しすぎると病気にかかりやすくなるので注意してください。


ユリの掘り上げ
花が終わっても水やりをし株を育て、葉や茎が枯れてきたら掘り上げ茎と古株を切り除きます。土を落として乾燥しないように湿らせたバーミキュライトに埋めて保管します。


日本最大級ガーデニングサイト
人気のお試しセット☆日本花卉のお勧め花苗24ポット+お勧め肥料






花の育て方メニュー
 花の育て方TOP
 あ行
 か行
 さ行
 た行
 な行
 は行
 ま行
 や・ら・わ行
ユリオプスデージー
ユリ
ラナンキュラス
ラベンダー
ランタナ
リナリア
ルドベキア
ルピナス
ローズマリー
ロベリア
ワスレナグサ
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved