都道府県


都道府県☆花の散歩

都道府県の花


都道府県にはそれぞれシンボルの花があります。



NHKが全国から『郷土の花』の募集がきっかけで都道府県の花が決まったケースが多いようです。

スポンサードリンク



47の都道府県がありすべて違う花と思いがちでちですが、

同じ花をシンボルにしている都道府県もあります


 都道府県の花 


北海道・東北地方

     
北海道 浜茄子(はまなす)
バラ科、海岸近くの砂浜に自生し1〜1.5Mくらいの落葉低木。
花は香料、実はジャムなどにできる  


青森県 林檎の花(りんごのはな)
バラ科、西アジア、ヨーロッパが原産の落葉高木
花の色は白かピンクで花びらは5枚です

岩手県 桐(きり)
ゴマノハグサ科、紫色の花を咲かせ山里の春を飾る落葉高木
淡紫色で光沢があるので、南部の紫桐と呼ばれています

宮城県 宮城野萩(みやぎのはぎ)
マメ科、日本海に自生するケハギより作られた落葉低木
紅紫色の花で開花時期には地に着くほど枝が垂れます

秋田県 蕗の薹(ふきのとう) 
キク科、海辺から山地の水部や草原のいたるところに自生
淡い黄白色の小さな花を沢山つけます

山形県 紅花(べにばな)   
キク科、地中海沿岸、中央アジア原産。
江戸時代には最上川流域は紅花の一大産地となり
今では最上紅花、とげなし紅花、しろばな紅花があります

福島県 根本石楠花(ねもとしゃくなげ) 
ツツジ科、安達太良山や吾妻山に群生する常緑低木
明治36年に吾妻山根元氏で発見され、「ネモトシャクナゲ」とつけられました



関東地方

茨城県 薔薇(ばら)
バラ科、つるバラと木バラに大別できる落葉低木
赤、白、ピンク、黄などあり今では不可能とされた青いバラがあります

栃木県 八入躑躅(やしおつつじ)
ツツジ科、那須高原や塩原を中心に広く分布している落葉低木
花の色は淡紅色、白色、濃紅紫色などがあります

群馬県 蓮華躑躅(れんげつつじ)
ツツジ科、5〜6月中旬頃にオレンジ色、赤色、黄色の花を咲かせる落葉低木    花や葉には毒性がある


埼玉県 桜草(さくらそう)
サクラソウ科、日本原産4〜5月にピンク色の花を咲かせる多年草
5枚の花びらが桜に似ていることから桜草と名が付きました
     
千葉県 菜の花(なのはな)
アブラナ科、1m位で黄色い花を沢山付け、さまざまな料理に使えます        菜の花畑と歌にもなってます

東京都 染井吉野(そめいよしの)
バラ科、山桜の品種を改良して作りだした落葉高木
日本の桜の8割以上が染井吉野で、花はうすいピンク色  

神奈川県 山百合(やまゆり)
ユリ科,1m〜1.5m位、花の大きさはユリ科のなかでも最大で20cmにもなる
日本特産でユリの王様といわれてます
  



中部地方

新潟県 チューリップ
ユリ科、中央アジア原産 オランダで品種改良され1863年日本に
入ってきたと言われてます

富山県 チューリップ
ユリ科、オランダで1634年チューリップバブルが始まり世界中に拡大
富山県が日本一の生産量誇ります

石川県 黒百合(くろゆり)
ユリ科、標高2,300〜2,500m付近に多く自生し
6〜7月に黒紫の色の花が下向きに咲きます

福井県 水仙(すいせん)
ヒガンバナ科、地中海沿岸が原産で冬から春にかけて咲き
生け花としてもよく使われます

山梨県 富士桜(ふじざくら)
バラ科、花が小さいことからマメザクラともいわれ
4月から5月にかけて富士の裾野を彩ります

長野県 竜胆(りんどう)         
リンドウ科、軽井沢高原、開田高原などで見られ
花の色は紫や青色のもの多い

岐阜県 蓮華草(れんげそう)
マメ科、日本全土で見られ花の色はかわいい赤紫です
田んぼには種を肥料として蒔くそうです

静岡県 躑躅(つつじ)
ツツジ科、躑躅は学術的にはツツジ属の植物の総称になります
歩道によく植えられ300種類以上あります 

愛知県 杜若(かたつばた)
アヤメ科、水湿地を好み1本の茎に2〜3の花を咲かせます
昔の日本ではよく見られ、万葉集や伊勢物語に歌われてました        




近畿地方

三重県 花菖蒲(はなしょうぶ)
アヤメ科、梅雨時期にはなくてはならない花で白、ピンク、紫などの
花を咲かせ、2,000種以上あります  

滋賀県 石楠花(しゃくなげ)     
ツツジ科、花の色は白、赤系統が多く園芸植物として
多くの品種があります


京都府 枝垂桜(しだれざくら)
バラ科、枝が垂れ下がるのが特徴で、咲き始めは淡紅色の花が咲き
満開時には白くなります

大阪府 梅(うめ)・桜草(さくらそう)
梅(バラ科)花びらが5枚と8枚があり花を多く咲かせる落葉高木 
桜草(サクラソウ)日本原産の多年草で自生地はとても貴重です

兵庫県 野路菊(のじぎく)
キク科,10〜11月に九州から近畿地方の太平洋沿岸部に自生する多年草
野菊を代表する一種です

奈良県 奈良八重桜(ならのやえざくら)
バラ科、4月下旬から咲きはじめる遅咲きの桜で、
大正12年に国の天然記念物に指定されました

和歌山県 梅(うめ)
バラ科、中国原産の落葉高木で白梅の実は梅干になります 
梅といえばウグイスですが、よく枝にとまるのはメジロです




中国地方

鳥取県 二十世紀梨の花(にじゅっせいきなしのはな)
バラ科、4月上旬から中旬にかけ桜に似た花を咲かせます
スーパーで見かける梨は、ほとんどが二十世紀梨の品種改良です       

島根県 牡丹(ぼたん)          
ボタン科、4月下旬から5月上旬に濃い赤紫色の花をつけます
中国原産で、最初は薬として輸入されたそうです

岡山県 桃の花(もものはな)
バラ科、3月から4月にかけて白やうすいピンクの花を咲かせます
中国原産の落葉小高木

広島県 紅葉(もみじ)
カエデ科、5月頃に花を咲かせ、秋に山を彩ります

山口県 夏蜜柑の花(なつみかんのはな)
ミカン科、5月に白い花を咲かせ約一ヶ月咲き続けます
冬に実をつけ熟した夏に収穫をします




四国地方

徳島県 酢橘の花(すだちのはな)        
ミカン科、古来より日本人に親しまれた柑橘類でゆずに近い種類です
5月から6月に白い花を咲かせる常緑低木ないし中高木

香川県 オリーブ
モクセイ科、初夏に白い花を咲かせ、
実から採れるオリーブ油は食用、薬用として使われます

愛媛県 蜜柑の花(みかんのはな)
ミカン科、初夏に白く5枚の花を咲かせ、寒さに弱い常緑灌木
一般的なみかんは温州みかんといわれます

高知県 山桃(やまもも)        
ヤマモモ科、3月から4月に赤い小さい花をつける常緑高木
雌雄異株で雌木実をつけます




九州・沖縄地方

福岡県 梅(うめ)
バラ科、開花時期は1月下旬から3月下旬頃で、白梅が先に咲き始めます
太宰府天満宮には約6.000本が植えられています

佐賀県 楠木(くすのき)
クスノキ科、小さな花を無数咲かせる常緑高木または、常緑低木
神社でよく見ることができます

長崎県 雲仙躑躅(うんぜんつつじ)
ツツジ科、常緑低木ないし常緑高木で約850種類あります
ツツジの中では一番大きな花を咲かせます

熊本県 竜胆(りんどう)        
リンドウ科、ラッパの型で紫色の花を咲かせる多年生植物
昔から薬草として胃腸薬に使われてました


大分県 豊後梅(ぶんごううめ)
バラ科、3月中旬から下旬にかけて咲き淡紅色の花が咲きます
実は4〜5cmと大きく熟すると赤黄色になります

宮崎県 浜木綿(はまゆう)
ヒガンバナ科、暖かい開海岸沿いに自生する常緑多年草
6月から9月頃に木綿に似た白い花を咲かせます

鹿児島県 深山霧島(みやまきりしま)
ツツジ科、霧島山系に自生する常緑低木
開花時期は5月下旬から6月中旬で紫紅色が一般的です

沖縄県 梯梧(でいご)
マメ科、インド原産の落葉大喬木で独特の赤い花を咲かせる
庭木や街路樹として多く植えられています







HOME
花☆自然の散歩みち

気ままに写真館

花の散歩みち
◆プリザーブドフラワー
◆ドライフラワー
◆押し花生活
◆幸せ花言葉
◆ガーデニング
◆都道府県の花
◆花粉症

自然の散歩みち
◆自然と仲良し
◆森と仲良し
◆川と仲良し
◆海と仲良し
◆山と仲良し
◆自然の脅威

生きもの散歩みち
◆野鳥と仲良し
◆昆虫と仲良し

魚釣りを楽しもう

動物園の散歩みち
◆北海道・東北地方
◆中部地方
◆関東地方
◆近畿地方
◆中国地方
◆四国地方
◆九州・沖縄地方

薬草の散歩みち
◆薬草☆自然の治療薬
◆便秘に効く薬草
◆食欲不振に効く薬草
◆滋養強壮に効く薬草
◆糖尿病に効く薬草
◆風邪に効く薬草








Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved 
ニキビ