糖尿病


糖尿病に効く薬草

糖尿病に効く薬草




糖尿病はとても恐い病気



脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞などの

とても恐い原因になっています。



スポンサードリンク





糖尿病は、ケーキやチョコレートといった糖分の摂りすぎによって
引き起こされる病気と勘違いされやすいですが、
主な原因はすい臓の働きが弱まることで糖尿病になります。




糖尿病に効く薬草

アワ イチョウ トウモロコシ カボチャ
グァバ クズ クコ クマザサ
ジャノヒゲ イチイ タラノキ ヒメジョオン
フジバカマ カキドオシ



糖尿病を判断するには、
血液中のブドウ糖の割合やインスリン値を調べることによってわかります。

血糖値が200mg/dl以上 
早朝空腹時の血糖126mg/dl以上
75gのブドウ糖を溶かした水を飲み、30分、60分、120分後のインスリン値


なぜブドウ糖の割合が多くなるのでしょう?

ブドウ糖は食事を摂ることによって作られ、体を動かすエネルギーとして筋肉や臓器に使われます。
そのブドウ糖を筋肉や臓器に運ぶ役目をしているのがインスリンと呼ばれるホルモンです。
ホルモンの中でインスリンだけがブドウ糖を調節する役目を持っており、
インスリンが不足したり働きが弱いとブドウ糖を使う量が減り血液中に残ってしまうためです。



糖尿病の予防

太っていると糖尿病になりやすいので、まず太らない工夫をしましょう!

 食物繊維の多い野菜をたくさん食べることで太りにくくなります。

 毎日決まった時間に楽しみながらゆっくり食事をします。

 調味料の使いすぎをやめ、薄味で素材本来の味を生かしましょう。

 1日30分くらいを目安に運動をします。続けて運動するのがきつい場合は
   10分を3セットでもよい。

糖尿病の治療
 特に食べていけないものはありませんが、バランスのとれた食事にします。
 食べすぎは禁物です!医者の指示に従い1日に摂取できるカロリーを超えないようにします。
 少し汗ばむ程度で毎日30分運動をする。

薬による治療
 血糖値を下げる血糖降下剤と、体内でインスリンを作れない人にインスリン注射があります。


薬草は体質によって逆効果になることもあります
少しでも違和感があるときには使用を中止しください。
効目があるからといって多量に摂取すると逆に症状を悪化させたり、
体調を崩す原因になりますので適正な量を使いましょう。



                    




花☆自然の散歩みちTOP

花コンテンツ
◆プリザーブドフラワー
◆ドライフラワー
◆押し花生活
◆幸せ花言葉
◆ガーデニング
◆都道府県の花
◆花粉症

花の育て方
◆花の育て方
◆花の育て方あ行
◆花の育て方か行
◆花の育て方さ行
◆花の育て方た行
◆花の育て方な行
◆花の育て方は行
◆花の育て方ま行
◆花の育て方や・ら・わ行

自然コンテンツ
◆自然と仲良し
◆森と仲良し
◆川と仲良し
◆海と仲良し
◆山と仲良し
◆自然の脅威

生き物コンテンツ
◆野鳥と仲良し
◆昆虫と仲良し

魚釣りコンテンツ
◆楽しい魚釣り
◆海の魚釣り
◆川・湖・沼の魚釣り

全国動物園情報
◆北海道・東北地方
◆中部地方
◆関東地方
◆近畿地方
◆中国地方
◆四国地方
◆九州・沖縄地方

薬草コンテンツ
◆薬草☆自然の治療薬
◆便秘に効く薬草
◆食欲不振に効く薬草
◆滋養強壮に効く薬草
◆糖尿病に効く薬草
◆風邪に効く薬草

写真館
◆気ままに写真館
     
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved 
にきび