魚釣り〜キャッチ&リリース

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜キャッチ&リリース

TOP釣りを楽しもう!>キャッチ&リリース

魚釣り〜キャッチ&リリース


魚釣りでキャッチ&リリースという言葉はよく聞くと思いますが、キャッチは捕まえる、リリースは放すという意味で、釣りあげた魚を殺さずそのまま水中に戻すということです。

このように釣った魚をそのまま戻すキャッチ&リリースは、外国から入ってきた釣り文化でが、今では日本でも当たり前のように定着しています。

リリースといっても、釣った魚をただ川や海に魚を放せばいいというものではありません。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



魚には優しく
魚は手のひらで握るように持つとすぐに弱ったり、手の熱でヤケドして死んでしまうこともあるので手で魚を握らないようにします。
魚をさわる場合は、手をぬらしてそっと乗せるくらいの感じでさわります。

渓流で釣った魚は、ゆっくり引き寄せて弱らないようにし玉網ですくいます。写真を撮ったり大きさを測ったら両手で包み込むようにゆっくりと放します。
すると、元気に川の中を泳いでいきます。

そのほか、ブラックバスやへラブナもキャッチ&リリースが基本の魚です。

ブラックバスのキャッチ&リリース
ブラックバスの場合は、下唇を持ってハリを外しゆっくり放します。
へラブナは弱らないように引きよせ玉網ですくったら、そのまま水の中でハリを外し玉網をからゆっくり出してリリースします。

釣り人にはよく、小さくて食べれないような魚でもリリースしない人がいたり、釣れた魚が小さすぎるとそのまま捨てる人もいますが醜いことです。

たとえ大きな魚が釣れても食べる気がないのであればリリースします。
また、食べるのが目的ではなく魚とのやり取り楽しみの人は必ずリリースしましょう。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved