魚釣り〜ルアーフィッシング・フライフィッシング キャスティング基本

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜ルアーフィッシング・フライフィッシング キャスティング

TOP釣りを楽しもう!>ルアーフィッシングのキャスティング

魚釣り〜ルアーフィッシングのキャスティング基本


ルアーフィッシングやフライフィッシングをする場合大切になってくるのは、自分の狙ったポイントに投げることができるかです。
まず最初にマスターするのが 「オーバーヘッドキャスティング」です。

オーバーヘッドキャスティングができるようになったら、安定して狙ったポイントにルアーを投げたり、距離が出るようようになりましょう。

ルアーフィッシングはに使用する道具を総称してタックルといい、軽いルアーや小さなルアーを使用する場合に使うスピニングタックルと、抵抗の大きいルアーや重いルアーを使用する際に活躍するベイトタックルがあります。

ここではスピニングタックルのキャスティングを紹介していきます。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



スピニングタックルのキャスティング
利き手でリール近くのロッドを持って、リールの取り付け部分(リールフット)を中指と薬指の間に挟んで持ちます。そしてラインを人指し指に引っ掛けておきます。
この持ち方だけで、キャスティングが安定しルアーの操作もしやすくなります。

キャスティングする前の注意点は、ラインを最後まで巻き取らずにゆとりを持たせ、竿先からルアーまでの長さを15〜20cmくらい垂らしておくと遠くに投げることができます。

投げた後にラインが出過ぎてたるまないように人差し指で引っ掛けて、ラインが出過ぎるのを防ぎます。

フライフィッシングのキャスティング
フライキャスティングとは、竿を前後に繰り返し振って遠心力でラインを出し毛針を狙ったポイントに投げることです。

ロッドの持ち方には、親指をロッドの上に乗せるサムオントップと、人差し指をグリップの上に乗せ残りの指で握るインデックスフィンガーグリップがあります。

まず、ラインを5〜6mくらい出して前に垂らし、リールからラインを2mくらい引き出してラインを手に持ちます。

次に竿を勢いよく真上より少し後ろまで振り上げ止めます。
すると、ラインが後ろに飛んでいきますので伸びきる直前に竿を前に出します。
このときも真上より少し前になるところで止めます。

すると今度はラインが前に飛んで行きますので、伸びきる直前に最初と同じように真上より少し後まで竿を持って行きます。

この動作を繰り返してラインを伸ばし狙ったポイントに投げます。

フライキャスティングは難しいので、繰り返し練習してマスターしましょう。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved