魚釣り〜魚釣りの服装

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜魚釣りの服装

TOP釣りを楽しもう!>魚釣りの服装

魚釣り〜魚釣りの服装


釣りをする場合は、事故を防ぐためにも安全な服装で楽しむことが大切になります。

夏から秋にかけては、日差しも強く汗をかきやすいので通気性の良い服装にします。ただし、暑いからといいてTシャツや短パンで釣りをする人がいますが、紫外線は強いので通気性のよい長袖のシャツと長ズボンにしましょう。

冬場の寒い時期の服装は、アンダーウエアー+インナー+アウターの重ね着をして防寒対策をしっかりします。
また、保湿性はもちろんのこと防水性や透湿性の優れているものにします。
特にインナーは、保湿性、速乾性、吸湿拡散性がそろったものが一番です。

そして一番重要なのが、下に着るアンダーウエアです。
上にせっかく良い物を着ていても、アンダーウエアが適切でないと体感温度が低くなります。
保湿性があり汗を発散させ、肌ざわりの良いアンダーウエアにしましょう。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



魚釣りの安全装備
釣りに行くときに服装は大切ですが、そのほかにも帽子や手袋、ライフジャケット、ブーツは必需品になります。

特にライフジャケットは、命を守るために大切な装備です。
防波堤など、親子で釣る場所は安全と思うかもしれませんが、海に落ちたら防波堤は切り立っているので上にあがることができません。
実際に、突然の高波で海に転落して命を亡くした人はたくさんいます。

帽子やサングラスは強い日差しを防いだり、頭を塩分を含んだ海風から防ぐ役目もします。
手袋も同じように日差しを防いだり怪我を未然に防ぐためです。

ブーツは堤防や磯では滑りやすくなっていますので、滑り止めが付いた防水タイプが適切です。もし、蒸れるのが嫌な場合はスニーカータイプがあります。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved