魚釣り〜川・湖釣りマブナの釣り方

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜川・湖釣りマブナの釣り方

TOP釣りを楽しもう!>マブナの釣り方

魚釣り〜川・湖釣りマブナの釣り方


マブナはギンブナやキンブナ、ナガブナ、ニゴロブナなどの総称で、コイ目コイ科に属し日本の全域に生息しています。

フナ釣りは子供でも手軽に始められ、いつまでも楽しめて、知れば知るほど奥が深い釣りなので「釣りはフナに始まりフナに終わる」といわれています。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



マブナ釣りの仕掛け
マブナの一般的な釣り方は、丸型のシモリウキを使ったシモリ釣りですが、玉ウキを使っても十分に楽しむことができます。
釣り竿は2.7〜4.5mの中硬の渓流竿で、1号の釣り糸に丸型シモリウキを3〜5個を付けて真ん中のウキが水面ギリギリになるようにガン玉や板オモリで重さを調整して付けます。
ハリは3〜5号の袖バリで糸付きが便利です。小ブナを狙うなら1〜2号のハリを使います。

エサはミミズやアカムシ、イモなどデンプン質の練りエサを使います。

マブナを狙うポイント
マブナは泥質の水底を好むので、中層にいることはほとんどないので餌が底に着くようにします。
狙うポイントは、川が曲がってえぐれているところや水門口、護岸、支流の流れ込んでいるところで水草や杭などの障害物があるところがベストなポイントです。また、春から秋にかけては浅場、冬から初春は深場に移動しているので、それを考えて仕掛けを作ります。

ミミズやアカムシのエサを使う場合はチョンがけしたり5〜6匹を房がけにします。練りエサの場合は、小豆くらいの大きさにして丸めて針に付けます。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved