魚釣り〜リールの種類

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜リールの種類

TOP釣りを楽しもう!>リールの種類

魚釣り〜リールの種類


リールにはスピニングリール、両軸受けリール、片軸受けリールがあります。
釣りポイントや魚の種類などによって使いわけます。

一般的に知られているのはスピニングリールではないでしょうか?
よく釣具店に行くと、釣り竿とセットになっているのが販売されています。
子供での気軽にできるように、釣り竿・リール釣り糸、網とすべてが揃って2000円位と格安です。
初めて魚釣りをする人に、子供からできるスピニングリールが無難でしょうね。

魚釣りをしていくと釣り道具にもこだわりがでてきますので、まずはどんなリールがあるのか覚えておくと釣りが楽しくなってきます。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



スピニングリール
スピニングリールは、海釣り、川釣り、湖と場所を選ばずに使うことができるリールです。
スピニングリールの特徴は、巻き取るスピードが速いことと3gくらいの軽いルアーであっても投げることができます。また、操作も簡単なので初心者にも使いやすくなっています。

海釣りの場合は、投げ釣りやルアーフィッシング、ウキフカセ釣りに使うことができます。投げ釣り用にスピニングリールを使う場合は、中型の大きさか釣り糸を巻くスプールが大きめのリールを使います。

大きな魚を狙うならば、魚がかかって一定以上の力がかかると釣り糸が送り出されるドラグ機能が付いたリールがおすすめです。
そのほかにも、釣り糸の太さ合わせてスプールの大きさも変えていきます。

ウキフカセ釣りの場合は、小型でドラグ性能が優れたリールを使います。また、釣り糸の3号ナイロンが150m巻ける大きさのリールにします。

両軸受けリール(ベイトリール)
両軸受けリールはベイトリールと呼ばれ、特徴は長い釣り糸が巻けて巻きとる力が強いことです。
大物の魚を狙うときに使い、イシダイやブラックバスのパワーフィッシングなどリールに大きな負荷がかかるとき有効です。
両軸受けリールには、カウンター付きがあり船釣りで水深を測ることができます。また、伝動式の両軸受けリールもあるので、50m以上深いポイントの魚を狙う場合にはとても重宝します。
いろいろな釣りを楽しみたい人は、新素材の4〜5号の釣り糸が200〜300m巻けるリールがおすすめです。

片軸受けリール
釣り糸を巻くスプールの軸受けが片方だけついているもので、フライフィッシングなどに使います。
片軸受けリールを選ぶ場合は、軽くて丈夫なものでラインがたくさん巻けるリールが基準になります。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved