魚釣り〜川・湖釣りヤマメ・アナゴの釣り方

楽しい魚釣りは、海釣り・川釣り・湖釣り・沼釣り・ルアーフィッシング・フライフィッシングとたくさんあります!!

楽しい魚釣り〜川・湖釣りヤマメ・アナゴの釣り方

TOP釣りを楽しもう!>ヤマメ・アナゴの釣り方

魚釣り〜川・湖釣りヤマメ・アナゴの釣り方


ヤマメは沖縄など琉球列島以外の日本各地に分布、アマゴは本州中部より南の太平洋側に分布していましたが、最近では放流によって同じ場所に棲息するようになってきました。

ヤマメ・アマゴとも河川残留型と降海型がいて、ヤマメの降海型はサクラマスで、アマゴの降海型はサツキマスになります。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



ヤマメ・アマゴ釣りの仕掛け
一般的にヤマメ・アマゴどちらもミャク釣りやテンカラ釣りをします。
小継ぎの渓流竿に、釣り糸の0.2〜0.6号、カミツブシのG5〜Bを付けヤマメバリの7〜8号を付けます。そして釣り糸の途中にセルロイドや塩化ビニールでアタリの目印を3〜4個つけて出来上がりです。

テンカラ釣りの仕掛けは、専用の3〜3.5mの竿と見やすい3〜4号の道糸に0.8〜1号のハリスに毛バリを付けます。

エサはヒラタカゲロウやクロカワムシ、オニチョロなど川虫や、ミミズやブドウ虫、イクラなどを使います。
ヤマメやアマゴは生きの良いエサでないと見向きもしないので、川虫を捕まえたらエサ箱に濡らしたティッシュを敷いて入れると新鮮な状態に保つことができます。

ヤマメ・アマゴ釣りのポイント
狙うポイントは、流れの合流するところや分岐しているところ、流れの落ち込みなど波立つチャラ瀬です。
流れが緩やかで川幅が比較的広い場所では、オモリを軽めにして仕掛けを長くし、流れが速く川幅が狭い場所ではオモリを少し重めにして仕掛けを短くします。

ヤマメ・もアマゴも警戒心が強いので狙ったポイントには、物陰に隠れながら静かに近づきます。
仕掛けは狙ったポイントより少し上流に投げて流れにまかせます。

釣れない場合は、少し上流へ移動します。渓流釣りは下流から上流へポイントを攻めていくのが基本です。


ダイワ精工の通販なら【フィッシングマックス】へ



釣りを楽しもう!メニュー
釣りを楽しもう!TOP
海の魚たち
川・湖・沼の魚たち
投げ釣りの基本
ウキ釣りの基本
ミャク釣りの基本
ルアーフィッシング
サビキ釣り
海釣り・川釣りのキャスティング
ルアーフィッシングのキャスティング
エサの付け方
魚のアタリとアワセ
魚の取り込み
キャッチ&リリース
素手で触ると危険な魚
魚釣りの服装
釣り竿の種類
リールの種類
魚釣りのウキ・オモリの種類
釣り針の種類
釣り糸(ハリス)の種類
魚釣りに使うエサ
魚釣りのマナー
魚釣り用語あ行
魚釣り用語か行
魚釣り用語さ行
魚釣り用語た行
魚釣り用語な行
魚釣り用語は行
魚釣り用語ま行
魚釣り用語や・ら・わ行

海の魚釣りメニュー
海釣りのポイント(場所)
アジ・イワシの釣り方
シロギスの釣り方
ハゼの釣り方
メジナの釣り方
クロダイ(チヌ)の釣り方
サヨリの釣り方
メバルの釣り方
カザゴの釣り方
イサキ・タカベの釣り方
イシモチの釣り方
メッキの釣り方
海タナゴの釣り方
スズキの釣り方
マコガレイの釣り方
アオリイカの釣り方
ボート釣りで楽しむ

川・湖沼の魚釣りメニュー
川・湖の釣りポイント(場所)
ルアーフィッシング
イワナの釣り方
ヤマメ・アナゴの釣り
ニジマスの釣り方
ブラックバスの釣り方
ワカサギの釣り方
マブナの釣り方
へラブナの釣り方
コイの釣り方
オイカワの釣り方
ナマズの釣り方
ウグイの釣り方
うなぎの釣り方
テナガエビの釣り方
Copyright (C) 花☆自然の散歩みち All Rights Reserved